玩家教你拆卸手臂,日站玩家评测

作者:专题栏目

早期的YAMATO VF-1经常会出现爆肩问题,而VF-1复杂的变形结构常常令迷友们素手无策,AC论坛会员tekken2000在此以图解的形式发布了如何拆卸VF-1手臂的教程。第一步:将腿弯下来:

图片 1

图片 2

已发售售价23,000日元バンダイ DX超合金 VF-19 ADVANCE レビュー その1「劇場版 マクロスF ~サヨナラノツバサ~」より登場。 DX超合金 VF-19 ADVANCE レビューというわけで、今月の目玉!2015年6月発売商品24840円VF-19 エクスカリバー ファイター形態「マクロスプラス」劇中での「スーパーノヴァ計画」を経て、統合軍に正式採用された機体。VF-19が量産された際、一般兵士向けに各スペックがデチューンされているという設定ですが本機はSMSに転向したイサムが新たに乗るに当たりデチューンされた箇所がYF-19の仕様に復帰しているとのこと。シルエットは原型となったYF-19を踏襲。さらにカラーリングまでYF-19そのままです。材質はABS、PVC、ダイキャスト等。本体色のクリーム色は成型色。表面はシボ加工で質感を整えています。その他の箇所は部分塗装や成型色で再現。アルカディアのYF-19と同様、このアイテムも設定通りの変形と差し替えなしの三段変形を実現しています。「アルカディア YF 19」(写真右側)と比較。スケール表記はありませんが、サイズ自体はほぼ同じなので実質1/60サイズ。遠目で見比べてもフォルムの違いやマーキングの有無、成型色の色味などの違いがあります。正面から見るとややVの字気味に主翼が広がっています。19はハの字気味に広がってるイメージがあるのですが。キャノピーと機首部赤のセンサー部分はクリアパーツ。エッジの立った鋭くシャープな造形が素晴らしい。細かく配されたマーキングも機体の密度感を高めています。カナード翼も薄くシャープに成型。カナード翼下部の両サイドにはSMSのマーキング。ランディングギアはダイキャスト素材。エアインテークな内部まで細かく再現。シャッターは別パーツで再現されています。19系ならではのなめらかな曲線美。今回のVF19はシボ加工が特に美しい印象があります。主翼端灯部分はメタリック彩色で左右を再現。モールドが彫られているのでマーキングと合わさってメカニカルな印象が非常に強くなっています。後尾翼、機体下部のフィンは黒と赤を彩色で再現。それぞれシャープに成型されています。右側が微妙に出ちゃってますが両足がシャープになっています。ギラリと光るダイキャストフレームがちょいちょいセクシー。裏側。設定通り、後部にガンポッドを懸架することが可能です。後部ランディングはダイキャスト素材。ホイール部分で転がすこともできます。キャノピーはYF-19と違い後ろに開きます。イサムダイソンのパイロットフィギュアが付属します。機首部ランディングギアは中間部にヒンジがあり中折れさせながら収納します。設定にはないDX超合金のオリジナルギミックですが、これによって後述するバトロイド形態での腰のひねりを実現しています。後部ランディングギアももちろん収納可能。ファイター形態はもちろん他形態で遊ぶ際に勝手にパカパカ開くこともありません。主翼裏側にはミサイル懸架用のハードポイントがあります。本アイテムでは使用しません。機体後部に懸架してるガンポッドは中間部で折れるような構造になっています。これでガンポッドが設定通り正面に向くようになっています。脚部コンテナハッチは展開可能。ミサイルも付属し取り外すことも可能です。付属品。アルカディアの商品と違いDX超合金には見栄え重視の交換用ハンドパーツが付属。後述するアドバンスパックのボリュームがすごいことに。標準でディスプレイ用台座が付属。アタッチメントパーツはVF-19用。バトロイド形態時にアドバンスパックを装備する際の長期ディスプレイ用台座。ガウォーク形態への変形。主翼のロックを外し、基部で回転。脚部を降ろし、膝関節を伸ばす。足を引き出すのに連動して、ふくらはぎ内側の外装がせり出します。え、なにこれすげぇ。後尾翼をたたむ。両足を展開し接地させる。せり出した外装部分を上部に移動し脚部外装の隙間を埋めます。膝裏のプレートを引き出す。両膝を逆関節方向に曲げる。頭部を固定してる左右のパーツを展開しシールドを一旦外す。この時、頭部のカバーも一緒に外れます。シールドと頭部カバーはこのようになっています。ガウォーク、バトロイドではシールドをシールド側へ収納します。これで収納の隙間感がなくなります。ガウォーク形態用の補完パーツを新たに取り付けます。この付け替える手間を考えるとシールドと頭部カバーを一体にしたのはスマートさに欠けます。再び主翼を戻し、機体後部を一段上げて主翼で両サイドからロックする。肩を前にスイングさせる。肩内部のプレートを降ろす。前腕を開き、手首を取り出してから再び前腕カバーを閉じます。機体後部に懸架してたガンポッドのラインを整えます。ガンポッドの変形はクリックで固定がしっかりしているので遊んでる最中に勝手に変形してしまうということもありません。ガンポッドを取り付けて完成。VF-19 ガウォーク形態プロポーションはかなりスマート。上半身のロック機構のおかげで変形時の安定性も十分。肩の基部はダイキャストパーツ。腕周りが若干窮屈ですが、ガウォークなのでこんなもんかなって印象。よく見ると肩の基部や腿裏など変形時にだけ露出する部分にもディテールが入っていたりしてすごい。ガンポッドは標準の可動ハンドの他に、付属のPVC製ハンドパーツにも持たせる事ができます。シールドは頭部カバーのスライドさせることでスリットの隙間を埋めています。主翼とぶつかりやすいので動かしにくいのが難点。スラっとした両足。長いというより微妙に細い?といった印象。ガウォーク形態ではそれほど違和感ありません。ふくらはぎ内側のスライドギミックは実にお見事!パーツがズレちゃってますが本来ならしっかり閉まります。肩:ボールジョイント 上下スイング肩アーマー:上下スイング肘:スイング前腕:ロール スイング手首:ボールジョイント スイング親指:ボールジョイント人差し指:スイングそれ以外の指:スイング腿:ロール膝:スイング関節部分はダイキャスト。ラチェット関節になっているので安定感が高いです。足首:ボールジョイント スイング

图片 3


第三步:将2个手左右转出来,转到30度左右即可,无需提起跨过那个卡扣:

バンダイ DX超合金 VF-19 ADVANCE レビュー その2劇場版 マクロスF ~サヨナラノツバサ~」より登場。 DX超合金 VF-19 ADVANCE レビュー その2バトロイドへ変形。カナード翼を回転。腕部を後方へ。主翼を前方に回転。頭部側面パネルを開きガウォーク用の補完パーツを外す。背骨フレーム後部ハッチを開く膝関節を縮める。機首下部を開き、機首を持ち上げる。機首を先端を下げ、ジョイント。頭部を起こす。側面パネルを閉じる。胸部と背骨フレームを持ち上げ、背骨フレームを上へスライド。胸部プレートをスライド、バルカン基部のプレートを起こす。胸部プレートのスライドを見逃しててコレのために何枚か撮り直しに。カナード翼を倒す。太ももをまっすぐ、胸部全体を機首部の上に。後方へ主翼を回転。主翼内部のダイキャストフレームを引き出し、主翼を変形させます。カナードを回転。背骨フレーム基部を閉じ、胸部を機首部に固定。頭部を上へ引き出し、首台座を前方にスライド。機首先端と胸部をジョイント。機首先端のクリアパーツの裏側にスプリングが内蔵されているので干渉を避けながらジョイントすることが可能。頭部を回転。胸部バルカンを押し込む。腰フロントアーマーのジョイントを起こし、股間部にジョイント。脚部ジョイントを外側へ引張り股間幅を広げる。腿後方にあるプレートを浮かせる。脚部を回転し股関節の位置を移動します。移動後は関節部分がロックパーツがによって固定されます。元に戻す時にはロックパーツを押し込みながら股関節をの位置を移動します。関節部分はダイキャス素材。脚部側もダイキャスト素材なので嵌合がキツく動かす際にねじ切ってしまわないか非常に気を使います。とはいえ、変形後の安定感は抜群。VF-19 エクスカリバー バトロイド形態。設定画やマクロスプラス劇中とは異なるプロポーションで強いて言うなら「マクロスF」劇中CGのバトロイド体型といった感じ。「アルカディア YF-19」と比較。どっしりとしたプロポーションの「アルカディア YF-19」と比べて「バンダイ VF-19」は比較的スマート。とはいえ、決して間延びしてるというわけではなく、バランスは良好。小顔で足が長いアクションフィギュア体型という感じでしょうか。若干ですが、腕周りが肉感的になっています。頭部。ゴーグル部分はクリアパーツ、おでこの赤い部分はメタリック彩色で再現。顎もシャープの成型され精悍な顔つきをしています。首裏は機首だった部分なのですが、この形態になるときに初めてディテールが表にくるようになっています。頭部レーザー砲はABS素材となっています。アルカディア版にあった頭部両側面のマーキングがVF-19ではなくなっています。個人的には少し残念。ゴーグルは取り外しが可能。内部ディテールもバッチリ作りこまれています。両目はシルバーで彩色。ボリューム満点だった胸部は変形後は非常にコンパクトに。胴の長さなどはアルカディア版より好みかも。肩の基部がボールジョイントなので素立ちで胸を張るようなポージングも可能です。ロックが少々甘いのか、胸部のジョイントが遊んでると外れやすい印象です。ちょっと残念。カナード翼もピッタリハマってるので違和感なし。背骨フレームのスライドギミックなどアルカディア版にはなかったギミックが盛り込まれていたり企業間での解釈の違いが面白いです。スラっとしてて見てるウチにこっちの方も気に入ってきました。ガウォーク同様、両足は隙間感がなくて見栄えがとにかく綺麗です。翼のダイキャストフレームもかっちりしてるのでこちらの安定感も良好。ガウォークでは見せ忘れていた足裏ディテール。頭:前後スイング ボールジョイント首:前後スイング頭部の引き出し機構のおかげで好みによって首をつまらせてみたり顎を引かせるといったアクションフィギュア的な味付けが可能。頭頂部レーザー砲:前後スイング本アイテムの目玉とも言える腰のひねり。他のアクションフィギュアでは微々たるものではありますが、バトロイドとなると話は別。これによって通常のアクションポーズはもちろん、パンチングポーズもかっこよく決まります。股関節:ボールジョイント腿基部:左右スイング前述の通り、股関節は嵌合がキツめなので気を使います。腿:ロール膝:スイングバトロイド時の開脚はこんな感じ。本当に変形玩具か?ってくらいガシガシ動いてくれます。

图片 4


第四步:将腿取下来,如图:

バンダイ DX超合金 VF-19 ADVANCE レビュー その3「劇場版 マクロスF ~サヨナラノツバサ~」より登場。 DX超合金 VF-19 ADVANCE レビュー その3VF-19 ADVANCE エクスカリバーアドバンス ファイター形態またの名を「イサムスペシャル」。VF-19用ファストパックとVF-25用スーパーパックの大型ブースターを組み合わせた増加装備「アドバンスドパック」を装備した状態。劇場版「マクロスF サヨナラノツバサ」ではこの装備で登場。取説に記載されてる設定によればVF-19デチューンされた箇所の復帰とエンジン出力の増強、更にアドバンスドパックの装備によって最新鋭機YF-29に匹敵する能力を獲得したとのこと。すげぇなカワイコちゃん。やはり目を引くにはVF-25用の大型ブースター。その下にはYF-19でも見覚えのあるファストパック装備が。大型ブースターが少々邪魔ではありますがこのままガウォーク、バトロイドへの変形も可能です。両肩、両脚、両翼にそれぞれ取り付け。本体と同様にアドバンスパックは成型色で再現。表面はシボ加工で艶感が抑えられています。各パーツもタンポプリントで細かくマーキングが施されているので非常にメリハリがあrます。複数の後部の大きなノズルの他にも小さいノズルパーツがあちこちに配置されています。ノズル内部。脚部に装備したファストパック、ノズル部分はガンメタリックで彩色されています。ファストパック表面にはSMSのロゴがプリントされています。ズルパーツはそれぞれボールジョイント可動。各形態ごとに専用のアタッチメントが付属。アドバンスドパック装備時のディスプレイにはアタッチメントの後ろ側を一段下げた状態にしておきます。VF-19高速飛行形態公式ページに記載されていませんでしたがこの形態もバッチリ網羅されていました。梱包状態でこの形態だったので開けてびっくり。写真ではファストパックを付けたままですが、もちろん外した状態でも可能です。ただし、大型ブースターは外す必要があります。ガウォーク形態両肩のファストパックのみ変形させています。それ以外はファイターと同じ。関節の強度が十分にあるので大型ブースターの自重で後ろに倒れるといったことはありません。安定感抜群。大型ブースターが腕部に干渉しまくるので正直、この形態ではそこまで遊べません。シルエットはものすごく好きなのですが。主翼のロックも外れる様子は今のところありません。両足のボリュームが上がったのでより力強い印象になっています。ふくらはぎに取り付けたファストパックでプレートパーツの野暮ったさも軽減されています。ガウォーク形態でのディスプレイには専用のアタッチメントパーツを使用します。バトロイド形態 ファストパックのおかげで細身だった本体が一気にマッシブな雰囲気に。主翼は大型ブースターのおかげで通常時のように畳めなくなっているのでかなり横に広い印象です。この装備で長期ディスプレイでは台座にも主翼にも負担がかかるので付属の小サイズ台座で補助します。アームの可動軸が4つになってる少しめずらしいタイプ。2セット付属します。ピンポイントバリアパンチエフェクトをイメージしたクリア成型のエフェクトパーツが付属。PVC製。通常の手首と同様、ボールジョイントで保持します。スイング軸などはありません。劇場版「マクロスF」でまさかの登場を果たした「VF-19 ADVANCE」がついにDX超合金で登場!DX超合金自体が「マクロスF系アイテム」でラインナップのほとんどを占めている中YF-29イサム機をはじめ、こうして立体化が続くあたりイサムというキャラクターの人気を改めて思い知ります。そんなイサムの誕生年である今年2015年にあのじゃじゃ馬なカワイコちゃんがバンダイから発売です!天神英貴氏による細かいマーキング、ABS素材をふんだんに使用したシャープな造形でマクロス史上に残る伝説の名機を完全再現。劇中のCGモデルから更にブラッシュアップしたモールドパターンが各部に施され密度感たっぷり。シボ加工もまるで彩色処理されたように美しい質感になっているので成型色特有の安っぽさはほとんど見受けられません。基本3形態への完全変形はもちろんクリアー。変形手順もそれほど難解ではなく一度行えばだいたいは覚えられると思います。もちろん胸部バルカンポッド周りやカナード翼の位置調整、股関節の嵌合のキツさなど少々気を使う部分ありますが。ファイター→ガウォークではふくらはぎ内側のスライドによって変形時のアウトラインを違和感なく魅せるといったギミックや頭部カバーパーツを別パーツではなくシールドにそのまま収納するといった少々思い切ったギミックが盛り込まれていたりなど他社では見れないバンダイならではのアイディアや解釈が光ります。カバーパーツの収納は少々リアリティにかけますが、結果的に余剰パーツは少なくなるのでそういった工夫もいい意味ではバンダイらしいと言えます。河森正治氏の監修により各変形時のプロポーションバランスもよく整えられており若干細身ではありますが、これはむしろアドバンスドパック装備時やバトロイド時のアクション性を意識したものと捉えることも出来ます。結果的にアドバンスパックドパック装備時の見た目はそれなりにしっくり来るものになっていますしバトロイド時のアクション性の高さはピカイチになっています!特に「腰のひねり」!同シリーズ「YF-30クロノス」では玩具化を大前提にデザインされたとのことであれに「腰のひねり」があっても実際そこまでピンと来ないのですが今回は既存のものにその機構を取り入れたのが「面白い」。アクション時の恩恵は莫大でここまでアクションポージングが取れるバルキリーの変形トイは中々無いはず。それが「VF-19」ともなるともうまさに相性抜群!表情豊かなハンドパーツやピンポイントバリアパンチエフェクトと合わさって非常に躍動感あるポージングを可能にしています!そして、このずば抜けたアクション性を見た後だとこのアイテムが「3形態に差し替えなしで変形することが出来る玩具」という事実が余計に恐ろしくなります。更にアドバンスドパック装備の有無、ファイター形態での高速飛行形態、コンテナハッチの開閉などVF-19に最低限盛り込むべき要素は完全に網羅している点など好感が持てます。欠点といえばバトロイド形態時の安定性の微妙な悪さ。ここは機首部のクリアパーツのスプリングギミックが裏目に出てしまってる気がします。少々惜しいですがそれがあったとしても一番動かしてて楽しいのは間違いなくバトロイド形態です。まさに理想のカワイコちゃん!!

图片 5

本文由betway必威亚洲官网发布,转载请注明来源

关键词: